tokyo1970.jp -カジノ内での写真撮影

ギャンブルやカジノについて、あなたの「もっと知りたい!」を叶える、情報サイトtokyo1970.jpにようこそ。ここでは、ありとあらゆるコアな情報を手に入れることができます。当サイトでは、ギャンブルゲーム、ギャンブルセレブ、ギャンブル映画、ギャンブルアートなどの情報をご提供しています。

Tokyo.jpは、ギャンブルに関する様々なコンテ
ンツをお届けする無料情報サイトです。

ギャンブルについてご質問やご不明な
点がございましたら、当サイトチームまでメール(koyanagi@tokyo1970.jp)にて、お気軽にお問い合わせください。

ほとんどのカジノには写真やビデオ撮影の禁止を表す注意書きが
掲げられていますが、ラスベガスにあるカジノ、ハラーズでは、他の客が映りこんでいない限り写真撮影を許可しています。また、ラスベガスのカジノ、フォー クイーンズでも文字通り写真撮影を歓迎しており、こんなサインが掲げられています。

「フォー クイーンズでは、ご自由に写真をお撮りいただけます。私たちは、本日ご来場いただいたことをお客様に覚えておいてほしいと考え
ています。ゲームや他のお客様のご迷惑にならないようにお願いいたします商業用の
写真撮影はマネージメントの許可が必要です。カジノ内でのビデオカメラのご使用はご遠慮ください」

このサインは非常に肯定的なものですが、許可する範囲を明確に述べています。つまり、カジノ内で写真を撮りたい場合のアドバイスとしては、ラスベガスのハラーズやフォー クイーンズのような、写真撮影に寛容なカジノを見つけるということが挙げられます。

そういったカジノを見つけられない場合、カジノ内でこっそり写真を撮る方法について知りたいと思うかもしれません。それなら次のアドバイスを読んで、よく理解しましょう。そうすれば、ガイドラインに従うことができ、カジノのセキュリティや警察が動くことを避けられます。

広範囲なズーム機能が付いた巨大なレンズの一眼レフや大きなカメラではなく、一番小さなカメラを持っていくようにしましょう。写真を撮っていることを気づかれたくないなら、可能な限り小さなカメラを選ぶべきです。

スマートフォンのカメラなら、電話を使うふりをして写真を撮ることができるため賢明な選択です。フラッシュをオフにすることもお忘れなく。カメラのフラッシュのせいで捕まってしまったら、上手に隠し撮りできたとは言えません。また、カメラを使う際は、ビデオではなく写真のみにしましょう。ビデオを撮ると間違いなく警備員に気づかれるため、絶対にやめましょう。写真をさっと1、2枚撮るだけなら大丈夫です。

また、良いアドバイスであり、かつ分かりきったことではありますが、絶対にカメラの三脚を持ち込んだり、使ったりしないようにしましょう。三脚を設置するとかなり目立ちます。基本的にカジノのセキュリティチームは、写真撮影に使用される機材や、プロや写真家が使用する機材に目を光らせており、三脚もその1つです。

カジノで絶対に使用してはいけないその他のカメラ機器には、照明、LEDライト、レンズなどがあります。また、安全に写真を撮りたいなら、両替所やその近くの写真は絶対に撮らないようにしてください。セキュリティがひときわ敏感なエリアだからです。

最後に、もし見つかってしまったら酔っ払っているふりや、耳が聞こえないふりをしたり、口がきけないふりをしてください。ですが、どんな時でも礼儀正しくすることが大切です。

写真撮影が許可されているラスベガスのカジノ

思い出に残るギャンブル体験を楽しむためにラスベガスに行ったのに、カジノ内での写真撮影が禁止されているとしたら、どうやって楽しめばいいでしょうか? 幸運なことに、ラスベガスには写真撮影ができるカジノがいくつかあります。カジノでの写真撮影が可能な場所なら、プレイを楽しむだけでも、友達と自撮りをしたいだけでも、さらにはラスベガスで結婚したりする際にも、写真を撮ってその瞬間をずっと覚えておくことができます…