時代を挑発した9人の写真家たち TOKYO 1970 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS 9

有田泰而 沢渡朔 須田一政 立木義浩 寺山修司 内藤正敏 細江英公 森山大道 渡辺克己

2013年10月5日[土]→29日[火]

© Daido Moriyama

アルマーニ / 銀座タワー 9階 東京都中央区銀座5-5-4

  • 時間:月-金:11:00-20:00 土日祝:11:00-18:00
    (入場は閉館の30分前まで)会期中無休
  • 入場料:800円(小学生以下無料)
    ※IMAの定期購読会員カードを受付に提示で700円
  • 主催:
    株式会社アマナホールディングス IMAメディアプロジェクト
  • 特別協賛:ジョルジオ アルマーニ ジャパン株式会社
  • 展覧会キュレーター:長澤章生(Akio Nagasawa Publishing)
  • 協力:BLD GALLERY

会場を見る



TOKYO 1970 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS 9

  • 細江英公「シモン 私風景」

  • 内藤正敏「東京」

  • 沢渡朔「Kinky」

  • 立木義浩「舌出し天使」

  • 森山大道「写真よさようなら」

  • 寺山修司「摩訶不思議な客人」

  • 有田泰而「First Born」

  • 須田一政「わが東京100」

  • 渡辺克己「新宿群盗伝」

世界が注目する70年代の日本写真

いま、世界のアート写真界では、日本の戦後写真が注目を集めています。なかでも、日本がすさまじい経済発展を遂げ、政治的、文化的にも激動期であった1970年代は、多くの個性豊かな写真家が活躍した時代でもありました。その70年代を代表する9人の写真家たちが「東京」をモチーフに撮影した300点あまりの作品が一堂に会します。

有田泰而「First Born」、沢渡朔「Kinky」、須田一政「わが東京100」、立木義浩「舌出し天使」、寺山修司「摩訶不思議な客人」、内藤正敏「東京」、細江英公「シモン 私風景」、渡辺克巳「新宿群盗伝」……。本展覧会では、各作家の代表作といえるシリーズをラインナップ。また、森山大道は写真界に大きな衝撃を与えた名作「写真よさようなら」から未発表作品を初めて展示します。さらに展示作品はすべて購入可能です。

※本展半券をチケットご購入の際にご提示いただくと、東京都写真美術館 「須田一政 凪の片(なぎのひら)」 入場料が割引に!
一般 600円→480円/学生 500円→400円/中高生・65歳以上 400円→320円

展覧会キュレーターからのメッセージ

アクセス

  • アルマーニ / 銀座タワー 9階
    (銀座西五番街入口より、店舗内のエレベーターをご利用ください)
  • 東京都中央区銀座5-5-4
  • 東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線
    銀座駅 B3・B5出口

Google Mapで確認する